鮮やかな金福寺

f0303870_21541555.jpg

一乗寺エリアにおいて、ぎゅっと空間を圧縮したような場所、
それが金福寺です。




f0303870_21541814.jpg

うららかな午前の光を浴び、期待に胸が膨らみます。

f0303870_21544027.jpg

圓光寺の鉄舟和尚により再興されたお寺ですが、鉄舟は松尾芭蕉とも親交が深かった人で、

f0303870_21544261.jpg

ここ、芭蕉庵は鉄舟が、芭蕉を偲んで名付けたのですが、その後、荒廃していました。
しかしおよそ100年後、与謝蕪村が再興し、現在の姿となっています。

f0303870_21544569.jpg

この時期、金福寺は鮮やかな紅葉で包まれます。

f0303870_21544626.jpg


f0303870_21545985.jpg

「吾唯足知」(われただたるをしる)。
いつ来てもぐっとくる言葉です。

f0303870_21545289.jpg


f0303870_21545587.jpg

ここが芭蕉庵。
静かに日の光を浴びています。

f0303870_21545715.jpg

まさに秋晴れの一日。
心地の良い日差しに穏やかな気分になっていました。

今日の一句
「目をつむる 香る秋気と 葉の会話」
[PR]
by davidmittu | 2014-12-03 08:06 | ぶらり