祇園祭-山鉾巡行(前祭)- ☆菊水鉾~蟷螂山

f0303870_923918.jpg

今回は菊水鉾から蟷螂山までお届けします。




f0303870_9224574.jpg

力強い曳きっぷり。
菊水鉾がやってきました。

f0303870_9224874.jpg

稚児人形は、菊の露を飲んで700歳の長寿を保ったという能楽「菊慈童」の舞姿で、名前を「菊丸」というそうです。

f0303870_9225130.jpg

こちらは毎年外国人さんが参加されることで有名です。
なぜかカメラ目線(笑)

f0303870_9225491.jpg

続いては太子山。
その名の通り、聖徳太子が御神体となっています。

f0303870_922596.jpg

ここからは天神さんが続きます。
まずは霰天神山。

f0303870_923236.jpg

f0303870_923483.jpg

次に油天神山。

f0303870_923783.jpg

梅が美しいですね。

f0303870_923918.jpg

さあ、続いては鶏鉾です。
この赤の三角帽子と、水色の衣装のコントラストが好きなんですよね。

f0303870_20245089.jpg

なぜか名前の不明な稚児人形。
妙に惹かれるものがあります。

f0303870_20245256.jpg

気持ちいい水色の浴衣と豪快な動き。

f0303870_2024556.jpg

やっぱり鉾の辻回しは何回見ても見入ってしまいます。

f0303870_2025033.jpg

水をたっぷりまいて、

f0303870_2025496.jpg

河原町通りを北上していきます。

f0303870_20261160.jpg

続いては、ふりがなが無いと読めなかった「木賊山(とくさやま)」。
わが子をさらわれて一人木賊を刈る翁をあらわしているそうです。

f0303870_20262627.jpg

続いては四条傘鉾。

f0303870_20263856.jpg

何とも言えない素朴さと、温かみを感じます。

f0303870_20265011.jpg

最後は人気の蟷螂山です。
宵山期間ではカマキリのからくりおみくじを引くことができます。

f0303870_20265968.jpg

まさに壮観。

f0303870_20271518.jpg

唯一のからくり仕掛けになっています。
強敵に立ち向かう姿が凛々しい。

f0303870_21103893.jpg

カマキリばかりに目が行きがちですが、懸装品も美しいのです。
人間国宝の京友禅作家・羽田登喜男さんによる作品だそう。

だいぶ予定から遅れてのアップになっていますので次回もなるべく急いでアップしていきたいです。笑
[PR]
by davidmittu | 2014-07-27 21:00 | 行事