祇園祭-山鉾巡行(前祭)- ☆占出山~伯牙山

f0303870_226419.jpg

前回は長刀鉾だけのアップでしたが、今回は占出山~伯牙山をお伝えします。



f0303870_2251052.jpg

さあ、「山一番」を引き当てた、占出山の登場です。

f0303870_2251298.jpg

釣竿を持った神功皇后の御神体。
鮎を釣って戦勝を占ったことから「鮎釣山」とも呼ばれているそうです。

f0303870_225145.jpg

懸装品には日本三景である松島・天橋立・宮島が描かれ、
三十六歌仙も刺繍されています。

f0303870_2251652.jpg

続きまして、芦刈山。
どこか悲哀の感じる顔つきですが、復縁を果たす夫婦がモチーフになっているため、
縁結びとしても有名です。
前懸は山口華楊「凝視」が存在感を放ちます。

f0303870_2251711.jpg

見送は山形華楊「鶴図」。
様々な表情を見せる山ですね。

f0303870_225196.jpg

続いて孟宗山。

f0303870_2252197.jpg

こちらはなんといってもこの異国情緒溢れる胴懸です。
なんとなくみんなが北を向いている好きなショット(笑)

f0303870_2252341.jpg

さあ、函谷鉾の登場。
こちらは「くじ取らず」で、鉾の中で2番目を行くことが決まっています。

f0303870_2252594.jpg

かっこいい!

f0303870_2252799.jpg

函谷鉾の稚児人形は「嘉多丸(かたまる)」。

f0303870_2252919.jpg

なんといっても注目は、函谷鉾の至宝、前懸「イサクに水を供するリベカ」の
タペストリーです。
異国の雰囲気と山鉾という日本伝統が融合しているところも祇園祭の楽しみの一つですよね。

f0303870_2253045.jpg

扇子までハイセンス。笑

f0303870_2253212.jpg

そしてやはり鉾といえば、辻回し。
迫力ありますね。

f0303870_2253452.jpg

続いては山伏山です。
山伏姿の御神体人形が乗っています。

f0303870_2253688.jpg

続いては…
お?稚児の後ろにいるこの異様ないで立ちは。

f0303870_226419.jpg

綾傘鉾の棒振り囃子です。
棒振り囃子が棒を振ることで、災害が祓われるそうです。

f0303870_2265278.jpg

「洛中洛外図屏風」にも登場している綾傘鉾。

f0303870_227724.jpg

明治の途中から数十年、巡行の途絶える期間があったものの、
今なお、その形を現代に伝えています。

f0303870_2272266.jpg

2基の傘鉾は、大きな鉾たちと違って、なんだか素朴さを感じました。

f0303870_2272931.jpg

続いては伯牙山。
琴の名人伯牙が今まさに琴に斧を振り下ろそうとしているシーン。

どの山鉾もそれぞれドラマがあって面白いですね。

ではまだまだ続きます(笑)
[PR]
by davidmittu | 2014-07-21 19:00 | 行事